注文住宅の自由度って?

理想の生活注文住宅というと自由度が高い半面、分譲住宅よりも費用が掛かると考える方がほとんどです。確かに、壁材にしても照明にしても、利用する建材全てに最高級品を利用するなどすれば、費用はどんどん上がっていきます。でも自由度が高いというのは費用が掛かるという事ばかりではなく、費用を落とす事が出来るという面から見ても、注文住宅は自由度が高いといわれるのです。

住宅に関しては、みなさん夢をお持ちです。今暮らしているところが賃貸で、色々リフォームしたくても自分たちでは自由にできないという事なら、一戸建てを建てる時こそ、広いリビングにして、対面式キッチンで楽しく料理できる空間にしたい、子供の部屋は明るく日差しが入り、気持よく過ごせる天井の高い空間にしてあげたい、トイレなどは掃除があまり必要ない抗菌で面倒のない物がいい、お風呂は将来年齢を重ねても安心してはいる事が出来るお風呂にしたい・・・このような夢をかなえる事が出来るのも注文住宅です

この夢を費用に躊躇なく全部かなえるほどの費用があるのなら別ですが、多くの方は費用に限りを持っています。だから分譲住宅の方が安いと考えるのですが、逆に、分譲住宅は建材も間取りも、既に決まっているものなので替えるという事が出来ません。でも注文住宅なら、ここは譲れないけど、ここは少しグレードを落としたものに使用とか、こっちはこういう風に変更して費用を収めようとか、ここでも自由度を発揮できます

当サイトは注文住宅の自由度をローコストという面で考えました。当サイトがみなさんの夢の住宅づくりにお役立ていただけたら幸いです。

Top