設計士さんとよく相談する

設計士さんと相談する際、最高にかかってもこの費用という予算を計上しておきます。税金、また住宅購入の際にかかる書類費用、手続きの費用等も全部含めた金額で、上限を設計士さんに伝えておくと、建材選びなどもしやすくなります。

理想の家家族が譲れないことと譲れることを書いて設計の方に渡してあれば、それを元に、間取りや利用する設備などを決めていくことになりますが、こういうイメージの住宅という理想の住宅を、設計の方にしっかり説明し、理解してもらっておくことが重要です

設計士の方にも、自分が得意とする分野がありますが、逆に、得意分野ではない作りなどもあります。デザイナーの方に依頼するのなら、デザイナーの方が実際に設計して現存する住宅や店舗の作りなどを見せてもらうといいでしょう。

例えば打ちっぱなしの住宅づくりに長けている設計士さんもいれば、和風建築を作らせると本当に美しい物を作るという人もいます。機能性豊かな作りの家、とにかく掃除が楽な家など、それぞれの設計士さんで得意不得意がありますので、手がけた物件を見に行く、写真などで見せてもらうなどすると、その方が作る住宅のイメージを持ちやすくなります。また、分譲住宅を参考にするのも良いでしょう。自分の理想イメージを固める良い勉強になります。分譲と聞くと自由度が少ない印象ですが最近では、建て売りなの?と思うくらいの個性豊かでデザイン性の高い分譲住宅が増えてきています。住宅販売メーカー「ポラス」の家づくりも非常にこだわっていて、人々に住みたいと思わせる、魅力ある街づくりを目指しているようです。

こうした物件を沢山参考にして自分の理想を固めていき、設計士さんに細かく伝えられるようにするとスムーズでしょう。とにかく設計士さんとの話を密に、コミュニケーションをしっかりとって注文住宅づくりをしていきましょう。

 

Top